<< 2020年05月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2020.01.01 16:34

2019年恒例の東京との親善交流試合-3



二宮さん足の負傷で参加できなくて残念でした。早く完治してください。
2020.01.01 16:31

2019年恒例の東京との親善交流試合-2



Over-70
誰か試合結果を記録している方はいませんか?
2020.01.01 15:56

2019年恒例の東京との親善交流試合-1



【東京の2チームと山口、佐賀、熊本のチームを迎えての親善交流試合を開催】

11月23、24日の2日間、福岡市東区香椎浜の福岡フットボールセンターに於いて年末恒例となった親善試合を行いました。今年はOver-65、70のチーム構成で、交流試合を開催しました。

交流試合結果
Over-65
11/23 福岡4-0佐賀、福岡2-1東京
11/24 福岡0-1東京、福岡1-1熊本

Over-70
誰か記録している方はいませんか?
2020.01.01 15:18

2019ねんりんピック和歌山大会参加-4

2020.01.01 15:17

2019ねんりんピック和歌山大会参加-3

2020.01.01 15:17

2019ねんりんピック和歌山大会参加-2



記事は依頼中
2019.12.11 17:04

2019ねんりんピック和歌山大会参加-1

2019ネンリンピック和歌山大会に福岡県、福岡市の2チームが参加!

 11月8日から12日の5日間、和歌山県内で各種競技が行われました。サッカーは
 新宮市と串本町を会場に、福岡六十雀FCの選手が主力となって、福岡県と福岡市の
 2チームが試合に臨みました。試合日の悪天候もあり、一部変則的な試合編成を余儀
 なくされました。2チームの試合結果は以下の通りです。

 〇 福岡県チーム
   ①対福井県1-2 ②対茨城県0-3 ③対和歌山県A0-1(0勝3分け)
   グループ順位①茨城県勝ち点7②和歌山県A同5③福井同4④福岡県同0
 〇 福岡市チーム
   ①対仙台市0-1 ②対岡山県0-2 ③対長野県1-0  (1勝2敗)
   グループ順位①仙台市勝ち点7②岡山県同6③福岡市同3④長野県同0
                          以上  (文責 本城)

2019.11.14 19:26

2019年Over-50リーグ戦第8節(11/4)筑豊緑地


試合結果:福岡60雀 1対1 大牟田シニア

前半、こちらのペースで何度か得点になりそうな場面がありましたが、逆にワンチャンスを相手に1点入れられて前半終了。後半もこちらのペースでようやく1点をゲット。得点シーンは覚えていません。後で誰かに確認します。
結果、引き分けで、勝ち点1を獲得できました。

現在0勝7敗1分

次回第9節が2019年度最終節です。1勝をもぎ取りましょう!

2019.11.14 19:00

2019年Over-50リーグ戦第7節(10/13)筑豊緑地

写真なし
試合結果:福岡60雀 0対1 でんでんむしシニア笹丘

前半チャンスもありましたが、0対0で折り返し、後半右からのセンタリングが上がり中盤の選手につながり、フェイントをかけられてシュートされ、1点失点。その後、均衡状態でしたが、そのまま終了。残念。勝ち点がとれそうな試合でした。
2019.09.30 21:05

2019九州O-60サッカーフェスティバル(9/29)島原市営平成町グランド


リーグ戦三試合目:福岡(3-0)大分
ホテルには対戦する大分チームと一緒のホテルで、朝食時に「今日はあまり走らないでください。」と言われてしまいました。
今朝は昨夜から小雨で、ちょうど良い気温になり、昨日の疲れも忘れてなんだか走れる気分。
試合は、運動量、テクニック、パスワークともに大分を上回り、相手にシュートらしいシュートは打たせてなかったですね。得点は原田1点、宮崎2点でした。
試合前は、この試合に勝たないと自力1位はない状況になっていたので、必然的に「やるぞー」と言う気持ちになっていました。

決勝戦:福岡(4-0)鹿児島
鹿児島のリーグ戦の試合を見ていて、錫木監督&キャプテンから相手23番の選手が私(本郷)と同じクラブの「神吉に動きが似ている」要注意の指示があり、試合開始からマークし、シュートらしい危ない場面は殆ど無くて、福岡の得点は清水、熊崎、錫木、宮崎が叩き込んで4点、どこからでも得点できるような理想的な入りかたでした。一試合目のシュートしてもなかなか入らなかった状況からは予想もできませんでした。錫木のシュートは、練習時に「ゴールの両隅を狙うように」と言う通りに左隅に入っていきました。また、宮崎は出場した3試合すべてに得点していましたね。
全体的に錫木監督&キャプテンがポジションを変えて中盤を厚くし、多彩な攻撃ができたこと、パスワークも良かったこと、更に皆さんの運動量が相手チームを上回っていたことにつきます。相手チームは本当に疲れていましたよね! 私たちがこのようにならないように、これからも練習のミニゲームで走り回りましょう!


1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ