<< 2019年09月
新着記事
最近のコメント
月別
カテゴリ
2019.06.21 19:54

2019年全日本Over-60サッカー全国大会藤枝(6/2)-1


6月2日(日)第二節 藤枝総合運動公園サッカー場 9:30~
福岡 1-1 室蘭

試合入り始めでパスミスが目立ち、前半左コーナーキックからヘディングで先制点を入れられ失点。マークは付いていたと思っていましたが、マークの後ろからヘディングをされたので、マンマークしてボールを競らないといけません。競っていれば展開は変わっていたかもです。後半、何度かチャンスがありましたが、相手陣内ペナルティエリア内で倒されPKの判定、誰が倒されたかわかりませんが、同点にするチャンスにPK職人亀淵選手が入れて同点となり、その後時間が経過し終了。勝てるチャンスがありましたが、やはり早めの先制点が一番です。
2019.06.19 21:37

2019年全日本Over-60サッカー全国大会藤枝(6/1)


【お詫び】
「パソコンをWin10にし、スマホを新型にしたことで、2週間悪戦苦闘しましたが、漸く、説明書やドコモショップやヤマダ電器に行って、糸口が見えてきました。順次記述していきます。」

【2019年全日本Over-60サッカー全国大会】
今年の全国大会、福岡はBグループになり、出場チームは以下のとおりです。
九州第一代表福岡、北海道代表室蘭、関西第二代表京都、東北第二代表宮城の4チームで総当たりのリーグ戦で1位のみ決勝トーナメントに進みます。他グループにはA、C、Dグループがあり、決勝トーナメントは各グループ1位通過4チームでの戦いになります。

6月1日(土)第一節 藤枝市民グランドサッカー場 13:30~
福岡 1-0 宮城

最初の試合は宮城で、若干押し気味でしたが、入り始めでパスミスが目立ち、一進一退でしたが、前半に清水選手が右隅のポールにあたり、中に跳ね返って1点先制。1点入って落ち着くかなと思っていましたが、時川選手のファインセーブ、ファインプレーで、相手の特典を許さず阻み、こちらもチャンスがありましたが、1点止まりで、結果的には、最小得点で1勝。上々の滑り出し。しかし、GKの活躍はお見事でした。GKに活躍させないようにしないといけません。
2019.06.19 21:10

2019年Over-50リーグ戦第2節(5/12)新門司

福岡60雀クラブ(0-8)とびうめクラブ

全国大会2週間前で、今日は全員ピッチに出ることで、失点を最小失点、3~4失点ぐらいかなと思っていましたが、テクニック・スピードとものに勝っており、パスミスからの失点、マークを振り切られての失点が積み重なり、8失点になりました。
また、最初から基本から出直しです。
2019.05.06 15:17

2019年Over-50リーグ戦第1節(5/3)雁ノ巣

福岡60雀クラブ(0-2)福岡SEクラブ

連休の中日、日ざしも強い中、約16名程度集まり、試合に臨みました。昨年福岡SEクラブとは1勝1負の五分でしたが、1負の時の相手は、走る若手FWとMFがいたので、やられてしまいました。
この日も若手FWいて、押され気味でしたが、相手の攻撃について行って、対処していましたが、中盤でパスミスから左に振られ、センタリングにヘディングであわされ前半1点失点。
後半、メンバー交代があり、流れは前半と変わらず押され気味で、ボランチからバックへの横パスをカットされ後半1点失点。パスミスがなければ、0対0だったかも?
でも収穫もあり、パスまわしが速いチームや走るチームとの試合を重ねていくうちに、徐々にですが、対処できるようになってきていると思います。
次節強いチームと対戦しますが、みなさん頑張りましょう!

PS:スマホで撮っていただいたのですが、ぶれていたので、UPしていません。
2019.04.24 19:55

Over-60九州大会佐賀 試合結果(4/20~21)

2019.04.21 20:15

Over-60九州大会佐賀(4/21)

【2日目】
 1試合目:福岡(4-0)大分

大分の対策を事前のミーティングで打ち合わせを行い、試合に臨みました。前半から福岡ペースで相手のシュートもほとんどなく、余裕の展開でした。と言うのも得点が廉さんが2点、神吉さんが1点、後半熊崎さんが1点と追加点が取れたので、パスミスはあったものの追加点が入るということは、短時間の中ではとても有利です。やはり先制点、追加点ですね。ところで熊崎さんの4点目は、センタリングがずれて、ゴール吸い込まれましたが、得点は得点です。ボールコントロールを練習しましょう!

予選リーグBパートの結果、1位は2勝1分で福岡、2位は鹿児島です。

【決勝トーナメント】
 準 決 勝:福岡Bパート1位(1-0)宮崎Aパート2位

宮崎の事前のミーティングである程度対策はできていましたが、予定通りいかないことがあるのも事実です。神吉さんの先制ゴールで流れにのって追加点が入りそうで、なかなか入りませんでした。最大の危機が訪れたのは、相手のFWのボールをカットしに行った熊崎さんが足でボールをカットしたんですが、そのボールが相手FWにあたったのかな、味方のゴールの方に流れ、そのままほぼ正面からシュートされましたが、GKの山口さんが右足一本でカットして、ノーゴール。神技!本当に助かりました。入っていたらPK戦になっていました。

 準 決 勝:沖縄Aパート1位(0-0)鹿児島Bパート2位 PK戦で沖縄

私たちの試合が終わって代表になったことで、喜んでベンチに帰ってくると隣のコートでは沖縄と鹿児島がPK戦の真っ最中でした。残念ながら鹿児島は昨年熊本に負けて、全国大会に行けなくて、今年はリベンジで熊本に勝って、Bパート2位になったもののPK戦で2本ぐらいか入っていなかったのかな、沖縄に敗れて惜しくも全国大会に行けませんでした。来年頑張ってください。

結果、福岡と沖縄の2チームになりました。

福岡と沖縄で九州第一代表と第二代表を決めるためコイントスだったかな?吉田キャプテンが代表で行って、見事九州第一代表で5月末からの藤枝市での全国大会へ行くことになりまた。 
今週から全国大会へ向けて、頑張りましょう!

2019.04.21 20:13

Over-60九州大会佐賀(4/20)

Over-60九州大会が佐賀市の佐賀運動公園球技場で4/20(土)、21(日)の2日間で開催されました。福岡県チームは、60雀クラブととびうめクラブの選抜チームで臨みました。
2つのパートに分かれて、それぞれパートで総当りし、上位2チームが決勝トーナメントに進みます。今年の全国大会への切符は、2枠で2チームが全国大会へ行くことになり、決勝トーナメント準決勝で勝てば、行くことができますが、同点の場合はPK戦で決めることになります。
【Aパート】          【Bパート】
 佐賀、宮崎、長崎、沖縄     福岡、熊本、鹿児島、大分

【1日目】
 1試合目:福岡(0-0)鹿児島
 2試合目:福岡(3-1)熊本

鹿児島との試合は、約7割ボールを支配して、相手陣内で試合を運んでいました。いつ点が入ってもおかしくない状況でしたが、鹿児島も守りを固めてカウンター狙いでした。こちらのシュートもクロスバーに当たり跳ね返されたり、いい角度でゴールに行ったもののGKにセービングされたりして、なかなか得点できません。後半、原田さんが右からのチャンスを他のみんなシュートと思った瞬間、神吉さんへパスしたが大きく外れ、最後までシュートを打てばよかったと悔やんでいました。入れていればヒーローでした。次回チャンスの時は決めてください。

熊本との試合は、前半この大会で一番良かったゲームでした。パスサッカーはこれですよと相手に見せつけるような、みんなの動きに連動性があり、相手に奪われないサッカーで、ためと縦への効果的な速いパス、緩急をつけたボール運びで得点できました。
試合開始後5分、左サイド本郷⇒亀淵⇒清水⇒連で1点ゲット、この時の清水さんのセンタリングに対し、廉さんが相手バックの後ろから走り込み、GKの前でシュートしたのはお見事でした。2点目は神吉さんの個人技が相手を翻弄し得点、3点目は清水さんの左からのコーナーキックが直接入り、前半3-0で折り返し。後で清水さんに聞いたところコーナーキックの時に狙っていたとのことです。お見事!
後半は、メンバーが数人交代し、初めての人もいて、パスミスが連続で発生し、右サイドのパスミスからシュートを打たれ、GKがセービングしたが、ボールが相手FWに近いところにボールが転がり、1点失点、パスワークの悪い流れはその後も続き、何とか1失点でとどめることができましたが、今後、誰に代わっても同じパスワーク、ボールポゼッション、ゲームの運び方をするために、レベルを上げないといけませんね。

私事(本郷)ですが、試合と試合の間のインターバルに充分に水分を取っていなくて、2試合前に水分補給したのがたたり、後半に足が攣り動けなくなって、交代しましたが、初めてのことで、後で冷静に分析すると、監督が言うように水分を早めに取っておく必要があります。みなさんも注意してください。水分を充分にとってください。靭帯は大丈夫でしたが、筋肉を少し痛めただけですみました。


2019.04.11 20:23

Over-60県予選⇒変更:②選考会(4/7)フットボールセンター

展開方法について、自陣地内では3タッチで早くボールを回すこと、これは3タッチで回すには、ボールを持っていない選手がいかにパスがもらえる位置に素早く動くかということ、さらにチャンスがあれば、縦に速いパスを出すこと、自陣地内でゴールキーパーを使って幅広い展開を行うこと、選考方法については、個々人のスキルやレベルを見るために、とびうめクラブ対60雀クラブの試合形式で行う等の説明がありました。


【選考結果】
監督:錫木
選手:時川、石橋、井上秀、本郷、熊崎、岩下、中山、清水、宮崎重、原田、田島、浅海、廉、篠原洋、以上14名
他11名はとびうめから選出されました。

錫木さんは、選手で出ないのかなぁ!


2019.04.11 20:10

Over-60県予選⇒変更:①選考会(4/7)フットボールセンター

とびうめクラブと60雀クラブの2チームで県代表を決める予定でしたが、福岡県サッカー協会シニア委員会において、選考会を実施することが決定され、選考会(セレクション)になり、戸惑いもあり辞退する人もありましたが、4月7日(日)8時30分にフットボールセンターCコートに集合し、メンバーの選考と監督を引き受けられた錫木さんから全員に詳しい説明がありました。
2019.04.11 19:54

Over-50リーグ戦第13節(3/24)フットボールセンター

一試合のみ:対香月クラブ

福岡六十雀(0-3)香月クラブ
現在成績:5勝11敗1分

順位を含めて確認中!

1 | 2 | 3 | 4 | 5  >>次へ