いつまでも青春!そう!元気に走り、楽しくボールを蹴る限り!

歴史

福岡六十雀フットボールクラブ(略称福岡六十雀)は、2005年(平成17年)、福岡で開催されたねんりんピックを契機に誕生した倶楽部です。
その当時の選手がまだ何人か残っています。
その後、このねんりんピックに福岡県代表および政令都市福岡市の代表として、当倶楽部が二つの代表チームの選手編成を行なって参加してまいりました。
その間、地域の大会に参加したり、その後開催されたO-60の全国大会に出場したりと幅広く活動しております。
今では、サッカー人口の高齢化?に伴い、福岡県下でのシニアリーグO-50のカテゴリーを卒業したまだ元気バリバリの選手たちが入部することにより活況を呈しております。

活動ステージ

練習

福岡フットボールセンター(福岡市東区香椎浜)(人工芝2面、天然芝2面)を練習会場とし、毎週土曜日17:00~19:00の間やっております。
練習内容は、コーチ経験豊かな部員の指導監督のもと、ストレッチ体操から始まり基礎的な練習、戦術プレーと続き、最後には紅白試合を行っております。

活動状況

年間を通じての大会参加および活動状況は次の通り
・シニア(O-60,O-70)九州大会
・シニア(O-60,O-70)全国大会(出場権を得た場合)
・ねんりんピック(福岡県及び福岡市代表として併せて2コチーム)
・九州サッカーフェステイバル(O-60、O-70)
・三都市交流大会(福岡・熊本・佐賀市)交流試合(各市持ち回りで年間3回)
・東京O-65交流試合・親睦会
・うきは市長杯(O-65)
・福岡シニアO-50リーグへの参加
・近在のチームとの交流試合
・夏、冬の親睦会